【藤枝PJ 】古木移動

土に苦労して成育が遅かった藤枝圃場ですが、様々な課題が解決し、2年後の景色が想像できるまでになりました。

土地利用制限や農地規制、地権者調整や周辺住民への理解など、「地方まちづくり・あるある」の試練も一通り経験、まだ課題は山積みですが、「食と農の小さなまちづくり」をゆっくりスタートします。

大資本や行政だけではできない地域づくり。コロナで価値観が大きく変わる未来に必要とされる「場」作りへ。

これからサポーターズクラブなど各種組織の立上げ、協力事業者募集、資金調達等で、地域の各種団体や事業者の皆様にお願いにまいりますので、めんどくさがらずに話を聞いてください😊

まずは諸事情により畑の片隅で根巻きしたまま2年弱我慢させていた200歳の古木(スペインから来た!)を、園内別の場所に移動、ようやく定植できました。これから枝をガッツリ剪定して、びゅんびゅん伸ばします!
しかし200年前のスペインって、ナポレオンに侵攻されていた頃(_;・・・樹って凄い。

現状、畑には育成中のオリーブの樹以外何もないですが、この古木にはこれから多くの仲間と進めるブザマで泥臭い物語を見ててもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)