仮称•藤枝オリーブファーム始動

日経静岡版に、仮称・藤枝オリーブファーム構想について記事掲載いただきました。施設など一つも出来ておらず、長く時間もかかるプロジェクトですが、大きな記事だったせいか反響に驚いてます。

地権者グループ、市、クレアの3者で協議会を立ち上げて4年。関係者の一体感も醸成され、仲間や支援者も集まり、その間に樹も育ち、 マイナスからゼロまで来ました(まだゼロ!)

農と食の可能性、六次産業化、官民協働、地域共創、農副連携、シニア活躍、学生参画、Uターン、首都圏連携、関係人口増、空き地空き家活用、新しい資金調達法・・
クレアファームの役割は、人や事業者が価値協創する「場」を提供し続ける事だと思っています。

恥ずかしい失敗をたくさん繰り返しながらエリア内外の大勢の人たちと共に成長し、自分達定義の「地方創生」を少しずつカタチにしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)